タグ:ジンジャービア ( 1 ) タグの人気記事

West Indiesの味



New YorkにWest Indies-確かオリジナルはジャマイカかトリニ(トリニダード・ドバゴ)だったと思う-の友人がいて、ジャークチキンはママ秘伝のソースで焼くのが1番。っていう話を聞いていた。それから彼が教えてくれた、ジャマインカンフードというかカリビアンフードもたくさんあって、中でもブルックリンのお店でTO GOしてくれたパティ(patty:いわゆるミートパイ。中身はチキンやビーフ、シュリンプなどいろいろ)は、一口で大ファンに。
ほかにはライスアンドビーンズもアキアンドソルトフィッシュもカレーシュリンプも今では全部お気に入りになっている♪

e0140847_14543050.jpgそして、食事のお供にぴったっりな、「ジンジャービア」。
最初「Ginger Beer飲む?」って聞かれた時は、普通のビール(アルコール飲料)かと思ったのだけど、実は炭酸飲料。砂糖・生姜を醗酵させた甘辛いドリンク。すごく独特な味は、そういえばジンジャーエールに似てる。でも、もっと強烈な、だけど気持ちいいしょうが味。
最初は「???」で、二口目は「・・・おいしいかも」、で飲み進むうちに「うまいっ。」って感じかな。甘くなく、さっぱり!の病みつきになる味です。飲んだ後に胃がすっきりするのは、さす生姜!という感じ。これは、もろ「南国的炭酸入生姜飲料」ってところかな。
(一方ジンジャーエールは,生姜のフレーバーをつけた、醗酵させていない炭酸飲料という定義だそう。)

e0140847_14534559.jpg
かなりお気に入りのこのラベル、なんとも素朴でしょー。生姜がりっぱな主役だったりして。

ところで、カクテルの「モスコミュール MOSCOW MULE」は、このジンジャービアを使うのがオリジナルなのだとか。ジンジャービアが手に入らない場合にはジンジャエールを使うらしい。私はカクテルをオーダーすることってまずないのだけど、今度トライしてみようかな。

e0140847_14561757.jpg

さて、ここラスベガスにもカリビアンフードのお店はあります。
私はまだここ1軒しか知らないのだけど。4年くらい前にオープンした当初少し通って、その後引越しして遠くなってしまってからしばらくごぶさたしていて、この間久しぶりに近くを通ったのでのぞいてみたら、お店はまだきちんと商売していたよ。で、そこそこ需要はあるのだな。と安心してしまった。
こちらでは、日本食も含めていわゆるエスニックフードのお店は、頻繁にオープンするけど
気がつくとなくなっていることが多いのですよ。

ここでは「メイン+ライスにバナナのソテー+野菜」のプレートメニューが基本。黒板に手書きで書かれたメインディッシュの種類がこれまたたくさんあって、いっつも悩むことになるわけです。
[PR]
by sweetielv | 2008-04-08 14:47 | Las*YumYum